資格スクエアの評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


 

資格スクエアに向いている人

⭕️ 時間がないため、自分のペースで隙間時間に確実に勉強を進めたい方
⭕️ 無駄な勉強はせず、とにかく効率を重視したい方
⭕️ 低価格で確実に合格したい方

✖️ 自分一人では勉強を進めていけない方
✖️ スケジュールや学習内容を管理されながた勉強したい方

 

資格スクエアの評判についてまとめました

資格スクエアのレーダーチャート評価

授業の質   ★★★★☆

元伊藤塾の人気講師である高野講師と吉野講師の講義は評判がよい。
伊藤真講師ほどではないが、講義の良さには定評がある。

講師の充実度 ★★★☆☆

同じ講師による一貫した講義を標榜しており、講師数は多くない。
伊藤塾経験のベテラン講師の他、予備試験合格者などもいる。

教材の質   ★★★★☆

新興予備校なので新しくテキストを作っており、予備試験向きに判例実務を重視したテキストとなっている。
オンラインでも教材が表示・編集できるようになっている。
当初は誤字脱字が多いとの意見が多かったが、最近は改善してきているとの噂。

価格     ★★★★★

費用対効果でいうとここがベスト
価格は35万円程度と通勤講座よりは高いが教室型予備校やアガルートよりは断然安い。月末までの値引きを行っている資格が多く、司法試験や予備試験については毎年講座の始まりの時にセールしている。

実績     ★★☆☆☆

新興予備校であるため、最大手と比べると実績はない。
しかし、最近は合格者を輩出するようになってきており、成長の見込みがありそう。

受講生対応  ★★★★☆

カスタマーサポートは非常に良く、感じがよく返事も早い。
受講生一人ひとりへの対応を大切にしている印象。

時間の自由度 ★★★★☆

オンライン専業であるうえにシステムに投資しているため、時間に柔軟性をもって受講しやすい

資格スクエアの基本情報

特徴

最短で合格するために、講義時間数を大手予備校の半分に圧縮。必要最低限の講義を低価格で提供している。
また、脳科学ラーニングによる最大効率の学習法を提供し、学習方法が正しいかの確認をすることができる
厚いパンフレットや豪華な自習室といったものは勉強の非本質的なものだと捉えているため、この辺りのサポートはない。

 学習体系

オンライン主体で勉強するスタイル。(紙媒体のテキストもあるにはある。)
講義主体というよりも、独学者を念頭においたスタイルで、講義以外の時間で差別化するスタイル。
基礎講義は300時間程度。

オンラインへの対応

オンライン予備校。
スマホへの対応も優れており、オンラインでレジュメ編集や単語帳作成といった多機能なクラウドシステムを提供している。
オフラインでの対面型予備校も運営しており、オンラインとオフラインの併用を提案している。

校舎

オンライン予備校であるが、五反田、日吉、梅田に資格スクエアリアルと呼ばれる個別指導塾がある。

質問への対応

質問はオンライン上から簡単にできる仕組みになっている。
回答速度は早いわけではないが、遅いわけでもなく、悪くはない、といった感じ。

 

資格スクエアをもっと知りたい方へ

資格スクエアについてさらに調べました。
意外と役に立ちそうな情報から、どうでも良さそうな情報まで・・・
気になる方はどうぞ。

資格スクエアの運営情報

資格スクエアはどのように運営されているのか、わかる範囲で調べました。

資格スクエアの社長はこんな人

鬼頭政人社長は開成東大卒の弁護士であり、各種メディアでも活躍している。
書籍もかなり出版しており、社長としての知名度は一番高い

資本金について

資本金は1億3222万円。
ベンチャーキャピタルなどの外部からの資本を調達しているようで、上場を目指しているとの噂。

他社連携は?

東京CPA学院や海外の予備校とも提携するなど、外部との提携には最も積極的な予備校である。社長の提携手腕が高い。
 

資格スクエアの成長度

2013年に設立された資格スクエア。
オンラインでの学習システムを確率しているが、今後どう伸びていくのだろうか。

革新性

クラウドシステムや脳科学に基づく学習など、他の予備校とは違う新しいシステムを提供している。
また、自学自習にスポットライトをあてた新しい学習スタイルを提供している。

新規性

オンライン専門ではなく、対面型個別指導予備校も開いており、新規性の高い学習を提供している。
クラウドシステムや脳科学に基づく問題演習のシステムなども目新しい。

事業成長

資格試験対策以外にも人材斡旋を始めるなど、急速に事業領域を拡大している。
事業成長スピードは最も早く勢いがある会社である。

事業展開

資格を拡げるスピードは非常に早く、法律系資格だけでなく会計系資格についても手を伸ばしている。
対面型予備校を開くこともしており、事業展開に積極的。

変化の有無

毎年違ったことをしており、かなり変化のスピードは早い。変化の激しい会社である。

システム開発

クラウドシステムや脳科学に基づく問題演習システムなど、システム開発には最も力を入れている予備校である。
 

資格スクエアのスタッフ

人数

オンライン専業であるため、従業員数は少ないと思われる。

働きやすさ

顧客対応がよいなど、総じてスタッフの対応がよく、働きやすそうな職場と推察される。

優秀さ

弁護士である社長以外にも顧客対応がよい。
スタッフは優秀な人を揃えているのではないかと想定される。

ユーモア

鬼頭政人社長はユーチューブチャンネルにも出演しており、かなり濃いキャラがうかがえる。
実際の動画の内容も勉強になるものばかりで、ユーモアに溢れている。

対応態度

新興予備校のため、スタッフの対応はよい
比較的感じのよいスタッフが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*