司法試験講座(過去問演習講義編)徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

予備校別の講座紹介、司法試験対策講座編です。
今回は過去問演習講座のご紹介です。

司法試験合格のための予備校別講座

前回は、インプット講座編を紹介させて頂きましたが、今回は司法試験の過去問演習講座のご紹介です。

司法試験対策として、問題演習量を確保したいと思っておられる方は多くいらっしゃるかと思います。

しかし、市販の問題集と過去問のレベル差は、かなり多くあります。

新たに司法試験の講座を受講しようと考えておられる方も多くいらしゃるかもしれません。

今回は、各予備校で展開されている司法試験対策講座(過去問演習講座編)を徹底比較してみようと思います。

過去問演習講座としては、模範答案等講義で用いる答案の形式や、内容が大きく異なってきます。

自分の状況と目標地点によって、

(※値段はキャンペーンなどの有無で変動します)

 

伊藤塾「司法試験 論文過去問マスター [2011年-2017年]」

価格

98,000円(税込)

講義時間

約49時間時間

コンテンツ内容

テキスト(紙製・7科目7冊)

講師

伊関 祐

特徴

伊関講師による過去問演習講座。あまり司法試験に力を入れていないと思われる伊藤塾の司法試験講座の中では、ボリュームのある講座っである。
ただ、科目別での受講が可能なので、特定の問題の解答だけ欲しい!という場合には使いたい講座

教材

伊藤真先生の系譜を継ぐ伊関先生だけあって、講座の形式等はしっかりしている。

答案例や教材のテイスト等も見やすくためになる。

もっとも議論内容自体が、直近の司法試験の形式や議論等にも対応していない点ある点が玉に瑕。

伊藤塾の従来からのスタイルが合う方は受講を検討してもよいかもしれない。

伊藤塾「司法試験 論文過去問マスター [2011年-2017年]」が向いている方

  • 科目別の受講を検討している方
  • 伊藤塾スタイルで引き続き学習をしたい方

資格スクエア「過去問攻略講座2019」

値段

98,000円~148,000円(税込)

講義時間

45時間~100時間以上

特徴

加藤喬講師による過去問対策講座。

早稲田大学ロースクール卒業後、司法試験一発合格を果たした工藤北斗講師が一括してレジュメの作成・講義を担当。

総合300では扱えなかった論点などにも触れつつ、100時間で7科目を解説する。

教材

総まくりとの相性が秀逸(同一人が書いているのだから、当然ではあるが)。
模範答案と中位答案を全ての問題について掲載しているので、自分が目指すべき解答筋を見ることができる。
もっとも、模範答案についても、時間内で書くことのできる(=現実的な)答案にとどまる。
上位合格・完全解を求める人にとっては、下に紹介するアガルートの講座が向いている。
まずは合格を確実にしたい方向けの講座。

過去問攻略講座が向いている方

  • 複数回受験者
  • 過去問演習に手が回っていない方

アガルート「司法試験論文過去問解析講座」

値段

15,600円(税込)

講義時間

各年約5時間程度

特徴

アガルートの工藤北斗講師による過去問解説講座。
出題趣旨や採点実感のみならず、法科大学院教員んによる解説等も踏まえた上で解説を行う。

教材

解答例は、アガルートのHPにも書いてあるが、「完全解」に近い解答。
時間内に到底書くことができないような答案例が並ぶ。本番では、この回答から大幅にずれたとしても、合格できるであろう。より上位の合格を目指す方、あるいは、模範答案を崩して自分流にアレンジする力がある方にとっては、最適の講座である。一方、答案作成能力に自信が無い方は、最初からこの回答を目指すと自滅する可能性があるので注意が必要である。

過去問攻略講座が向いている方

  • 上位合格を目指す方
  • 論文に自信のある方

 

各予備校講座まとめ

 

項目 伊藤塾「司法試験 論文過去問マスター [2011年-2017年]」 資格スクエア・総まくり アガルート・総合100
講師 伊関祐 加藤喬 工藤北斗
講義時間 49時間 120時間 100時間
参考文献の記載 有り 無し
答案例の現実性 現実的 現実的 再現は難しい

伊藤塾VS資格スクエアVSアガルートの司法試験講座・過去問演習講座編まとめです。
答案例等、予備校によってかなりの違いがあります。
自身の学習進捗状況や論文式試験の成績など踏まえて、講座を選ぶようにしてください!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*