LECの評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


 

LECに向いている人

⭕️ 老舗の予備校で安定感・実績があるため、確実性を求めたい方
⭕️ 講義中心の学習方法があっており、授業に頼りたいという方
⭕️ 一人では勉強できず、スケジュールや学習方法を管理されたい方

✖️ レジュメがシンプルに作られているため、独学者には不向き
✖️ 自分のペースで勉強を進めたい方

 

LECの評判をまとめました

LECのレーダーチャート評価

授業の質   ★★★★☆

有名講師はいまやいないが、老舗だけあって一定の講義のクオリティは担保している。
不足のない講義といえる。

講師の充実度 ★★★★☆

司法試験の老舗だけあって、一定の講師数はいる。
ただ、最近は司法試験に力を入れておらず、講師数は多くない。

教材の質   ★★★☆☆

市販のC-Bookに類するテキストを用いており、さすがに長年の経験があるだけあり、教材の水準は高い
ただ、近年は司法試験に力を入れていないので、法改正に対する反応が遅くなってしまっている傾向あり。

価格     ★★☆☆☆

教室型講義であるゆえに高額。伊藤塾よりは安いが90万円程度は必要。
しかし、値引きについてはかなり積極的に行っている。50%引きなど思い切った金額の値引きをしてくることも。

実績     ★★★★☆

司法試験予備校の元祖だけあって、過去からの実績あり
ただし、近年は司法試験分野に力を入れていない。

時間の自由度 ★★☆☆☆

伊藤塾と同様、時間の融通はききにくい
校舎数は多いので、近くの教室は探しやすい。

受講生対応  ★★☆☆☆

伊藤塾同様、大勢の前で講師が授業をするスタイルのため、個々の受講生に対する対応はあまりない。

LECの基本情報

特徴

LECは、司法試験関連だけでなく多くの資格・講座を扱っている。
そのため、LECのビジネスは「人々の成長のお手伝いをすること」だと捉え、共に未来を創造していくことを目指している。
現在は資格試験対策がメインから外れつつあり、司法試験対策の規模も小さくなってきている
しかし、老舗の予備校であり、安定感はある。

学習体系

司法試験の元祖だけあり、講座には安定感と安心感がある。
基礎講義を300時間として、早回しできるものを用意している。
講義を主体にして勉強するスタイルは、他の大手予備校と変わらない。

オンラインへの対応

オンラインでの学習も提供しているが、力は入れておらず、オフラインとの相乗効果なども考えていなさそう。
スマホでの操作性もいまいち。

校舎

水道橋、池袋、新宿、渋谷など全国各地に校舎あり。
ただし司法試験のライブの授業は、首都圏の限られた場所でしか行われていない。

質問への対応

伊藤塾以上に講義数が多いため、質問対応は極めて遅い。
教室での質問はすぐに答えがもらえるが、その場以外でも質問はしても無駄だろう。

 

LECをもっと知りたい方へ

さらにLECについて調べました。
意外と役に立ちそうな情報から、どうでも良さそうな情報まで・・・
気になる方はどうぞ。

LECの運営情報

LECはどのように運営されているのか、わかる範囲で調べました。

LECの社長はこんな人

反町雄彦社長は創業者である反町勝夫の息子であり、反町ジュニアと言われている。
東大出の学者肌で社長らしさはあまりない。

資本金について

資本金は9000万円。
100%創業者の反町家が保有しているバリバリのオーナー企業で、資金調達はしていないと思われる。
完全オーナー企業であるため、上場は目指していない。

他社連携は?

宅建の模擬試験で日建など他社と連携しているが、それ以外で大きな提携は見当たらない。
 

LECの成長度

1979年にLEC(東京リーガルマインド)は設立された。
老舗の資格試験の予備校ではあるが、今後時代に合わせて変化していくのだろうか。

革新性

現在は資格試験対策がメインから外れつつあり、公共事業の下請けがメイン事業になりつつある。
革新性はない。

新規性

新規で認知症予防などの分野を始めているが、拡大意欲はなく、新規性は薄い。

事業成長

事業は毎年縮小しており、校舎も順次閉校していっている状況。
公共事業の下請けだけが伸びている。

事業展開

ニッチな資格にコンテンツを広げているが、それ以外の事業拡大はしておらず、司法試験は力を入れなくしているなど、むしろ事業は縮小している。

変化の有無

校舎を少しずつ閉じている。
目立った動き・変化はない。

システム開発

オンライン学習システムにはあまり力を入れていないため、スピードも遅い。
 

LECのスタッフ

人数

従業員は700名程度おり、各所に拠点を持ち、従業員を抱える伝統的なスタイル。

働きやすさ

売り上げは毎年のように下降しており、講師の給料も年々減ってきている、との噂で、働きがいはなさそう。

優秀さ

バリバリのオーナー企業であるため、オーナーの以降に黙って従える人材が生き残っている。
もともと司法試験受験生だった人が多く、地頭はいいひとが多い。

ユーモア

反町勝夫氏は、弁護士業界の中でもかなりユニークな存在であり、考えもかなり独創的である。
ただ、講師の授業にユーモアがあるわけではない。

対応態度

伊藤塾と同様、大手予備校のため、問い合わせは対応の差が激しい。
司法試験には力を入れていないこともあり、担当者が少ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*