【2018年最新版】予備試験の初学者必見!予備校別フルプランまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

予備校別の講座紹介、1から勉強を始めたい方向けのフルプラン編です。
フルプランと言っても、各予備校その内容や講義時間数、値段は大きく異なっています。

予備試験合格のための予備校別講座

2018年度の予備試験短答式試験が終わりました。
これを機に、新たに予備試験・司法試験合格に向けて勉強を始めようという方今回は結果が振るわず2019年合格に向けて一からやり直したいという方、様々な方がいると思います。

今回は、各予備校たくさんの授業や講座の中でも、上述のような方向けの、
「初学者や1から勉強をやり直したい方が、予備試験合格のために必要な授業がセットになったもの」
をピックアップして書いていきます。

合格のために必要な授業や演習が全て入っているか、講義時間はどれくらいか、価格や費用対効果はどれくらいか、といった点を参考に、予備校選び・講座選びを行ってみてください。

初学者が予備試験・司法試験に合格するためには、大きく分けて次の3ステップを踏む必要があります。

  1. 法律に関する基礎知識をインプットする(基礎講座
  2. 身につけた知識を生かして論文を書けるようになる(論文講座
  3. 法律が実際にどう使われているかを学ぶ(法律実務基礎科目講座

知識を身につけるだけでは論文を書けるようにはなりません。
また、基本的な法律知識がないと、それらが実際にどう使われているのか、ということは理解できません。

法律を体系的に学ぶことで基礎知識を定着させ、それらをアウトプットする力、実務でどう使われているかを理解することが必要になるのです。

(※値段はキャンペーンなどの有無で変動します)

 

資格スクエア「合格パック(4期)」

価格

375,840円(税込)

講義時間

約400時間

講義内容

基礎 論文 実務 講義
✔️ 基礎攻略講座
✔️ 論文攻略講座
✔️ 法律実務基礎攻略講座

+テキスト・問題集・答案集・論証集

特徴

講義時間数を合格に必要十分な量にまで圧縮しており、自学自習・独学の時間を大切にした講義を行っている。
講義時間は某大手予備校の半分以下だが、圧縮されているのであり、合格には十分な講義が用意されている。

また、オンライン学習システムが充実しており、レジュメ書き込みやマイ単語帳の作成、講師への質問などをオンライン上で手軽に行うことができる。

さらに、合格パックプラスも販売。WEB答練と個別添削もついており、非常にお得。(税込537,840円)

 

伊藤塾「司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コース」

値段

1,137,600円(税込)(リーガルトレーニングなし)
1,299,700円(税込)(リーガルトレーニング含)

講義時間

800時間以上

講義内容

基礎 論文 実務 講義
✔️ 体系マスター
✔️ ✔️ 基礎マスター
リーガルトレーニング(基礎編)
✔️ ✔️ 論文マスター
リーガルトレーニング(実践編)
✔️ ✔️ 予備試験論文マスター

※リーガルトレーニングとは、答練を中心に演習を行う講義のこと。

特徴

週3回の通学を基本とした、オーソドックスなスタイル
授業自体はシンプルで、長年のノウハウの蓄積で授業形態が確立されている。

講義時間が800時間以上とかなりのボリュームで、さらに補講が加わる。
全ての予備校の中で最も多い講義数で、一通り講義を聴き終えるのに約2年かかる。

講義を受け始めてから、1年以上が基礎講座で、論文対策は2年目になってから。
丁寧に基礎からじっくり学べるが、スピード感には欠ける講座コース。

 

LEC「2年合格コース」

価格

1,140,000円(税込)(通学)
1,083,000円(税込)(通信)

講義時間

約700時間

講義内容

基礎 論文 実務 講義
✔️ 入門講座
✔️ 論文基礎力養成答練
✔️ 合格答案作成講義
✔️ 法律実務基礎講座(講義編/演習編)
✔️ ✔️ ハイレベル論文答練
短答合格講座
ハイレベル短答模試

特徴

インプットとアウトプットのバランスにこだわっており、それぞれの段階でアウトプットも行えるようなカリキュラムが組まれている。
はじめの1年間で入門/基礎固めを行い、2年目から論文対策と短答対策の講義を行っていく構成。
老舗予備校だけあり、その方法はオーソドックスなものである。

LECは法律資格についての大手予備校だが、予備試験・司法試験業界では下火で、規模の縮小も行われている。
そのため、最近はあまり受講者を聞かない。

 

アガルート「予備試験1年合格カリキュラム」

価格

698,000円(税込)

講義時間

約650時間

講義内容

基礎 論文 実務 講義
✔️ 総合講義
✔️ 論文答案の「書き方」
✔️ 重要問題習得講座
過去問解析講座
✔️ 短答知識完成講座
✔️ 法律実務基礎科目対策講座
一般教養科目対策講座
✔️ 論証集の「使い方」

 

特徴

1年間の学習で予備試験に合格することを目指してカリキュラムが設定されている。
しかし、1年間で650時間の講義数はかなりヘビーだと思われる。

オンライン講義で、自分でどんどん授業を進めていく形だが、定期カウンセリングが行われるのは特徴の一つ。
定期カウンセリングとは、アガルート講師と月に1回30分程度、学習状況の確認を行う制度。

工藤北斗講師によるカラーテキストが有名で、レジュメはわかりやすい
しかし、講義自体はわかりにくく、講義を聞いていない人も多いらしい。

 

Wセミナー「1.5年4A予備総合パック」

価格

687,000円(税込)

講義時間

約600時間

講義内容

基礎 論文 実務 講義
✔️ 4A入門講義
✔️ 4A論文解法パターン講義
✔️ ✔️ 4A条解講義
✔️ ✔️ 予備試験 4A論文過去問分析講義
✔️ 4A実践答練
短答過去問解析分析講義
予備試験 短答模試

 

特徴

自分の学習環境に合わせて受験スケジュールを組み立てられる。
4Aメソッドという独自の解析方法により、予備試験/司法試験を解いていく。

最大の特徴は、テクニック重視の授業内容だという点。
試験内容を一通り学習した人にとっては有益だが、本質をあまり教えないので初学者には難しそう

 

通勤講座「司法試験総合コース」

価格

129,800円(税込)

講義時間

約250時間

講義内容

基礎 論文 実務 講義
✔️ 基本講座
✔️ 論文対策講座

+通勤問題集/セレクト過去問集(オンライン問題集)

特徴

講義時間の短さと安さは業界トップ。
いつでも簡単に始められる、通勤や通学中にも学習ができる、という手軽さが売りだが、その分合格に必要な部分も削られていると言わざるをえない。
そのため、通勤講座だけで合格するのはかなり難しい
実際、短答式試験合格の声しか上がっていない。

講義スタイルはやや先進的で、講師は無名。

 

各予備校講座まとめ

 

各予備校の価格と講義時間のまとめです。
どの講座も予備試験合格のために必要な授業がセットになったものとして、各予備校が売り出しているものですが、グラフの通り、かなりの幅があります。

伊藤塾と通勤講座では、値段が約10倍、講義時間が3倍以上の差があります。

講座のセット内容とその価格、費用対効果、時間対効果などをよく検討した上で、講座を選ぶようにしてください!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*